論点思考の書評・感想【僕らは無駄なものに時間をかけているかもしれない】

今回は、仮設思考で有名になった内田和成先生の本、“論点思考”の感想、レビューを書いていこうと思います。

内田和成先生は、コンサルティングサービスで有名なボストンコンサルティンググループで日本代表を努め、現在では早稲田大学ビジネススクールの教授という、とんでもない経歴を持つ方です。その方が、仮設思考という本を2006年に出版、そして大ヒットとなりました。

残念ながら仮設思考は読んでいないのですが、論点思考に関して最近読んだので(かなり遅いですが)書評・感想を書いていきたいと思います。

まず結論から簡単にお伝えすると

事象と論点を誤って認識せずに、正しい論点で問題解決に取り組むこと!さらに、論点は流動的に変わる前提を忘れない!

といった内容の本です。

タケトラのレビュー
読みやすさ
(3.0)
面白さ、内容
(4.0)
専門性
(4.0)
総合評価
(3.5)

となっており、それなりにおすすめの本です。

どういった人におすすめかというと

  • 問題解決能力を上げたい人
  • 言語が能力を伸ばしたい人
  • 論点が違うと言われがちな人
  • いつも仕事でもう一歩足りてないと感じる人

といった方々におすすめです。

論点思考の著者は?

著者

論点思考の著者は、内田和成という方です。先程も簡単にお伝えしましたが、コンサルティングで有名な、ボストンコンサルティンググループ、他の呼び名だとBCGに1985年に入社、そして、2000年からは、日本代表までなっています。大学は、慶應義塾大学でMBAを取得しているようですよ。

現在では、早稲田大学ビジネススクール教授として活躍されています。

マーケティング戦略、新規事業戦略、中長期戦略、グローバル戦略などの経験が豊富で、戦略などの施策実行がかなり強い方のようですね。

論点思考の概要

概要

論点思考の内容は、その名の通り、論点をどのように思考するか?といった旨の内容となっています。というのも、コンサルティングの基礎となる問題解決では問題の論点こそが大きい割合を締めますからね。その問を間違えずにしっかりと見極めることで、成果を出そうという話です。

また、多くの企業の問題は1つではないため、重要な1つに絞ることで成果を出す、他の言い方をすると選択と集中のような考え方も持っていますね。

上記の点に関して、内田先生は以下のプロセスで論点思考を行うと述べています。

  1. 論点候補の洗い出し
  2. 論点を絞り込む
  3. 論点を確定する
  4. 全体像で確認する

おそらく社会人でビジネスに関わってきた方なら1~3までのプロセスをよく行ってきたでしょう。しかし、4の全体像で確認するって結構飛ばしがちな方が多いんですよね。

これはどうゆうことかというと、課題に対しての論点を確定したあとに、課題の論点という小さいパートを全体像と間違っていないか何度も見直すということなんですね。反復をして確認するということです。

それにより、しっかり課題の論点を抽出できる。また、間違いを起こさないということなんです。

論点思考の感想・レビュー

感想とレビュー

論点思考に関しては、原点に戻らせてくれるような本だったので非常に感謝しています。というのも、僕も新規事業立ち上げの際に何度も問題にぶつかり、七転び八起きの精神でやってきました。

25,26歳のときには、論点思考なんて全く持たずに突っ走ってきて28歳のときに論点思考が少しずつできるようになった感じです。(もちろん内田先生と同じレベルではありません)しかし、この本を読んで、1~4のプロセスで論点を導き出すというしっかり言語化されたプロセスを見て、素晴らしいな…と。

さらに4の全体像で確認するにかんしては、反復して(以前の会社ではイタレート、もしくはイタレーションと言ってました)行うことを、マネジメントチームで何度もやっていました。しかし、今は行っていないことも多く、反省が多かったです。

論点というのは、非常に難しいもので同じ課題について話しているのに話が噛み合わないときは論点が違うときだったりする…しかし、相手に言語化して伝えるのがなかなか難しかったりするんですよね。

そういった意味で、プロセスを通じてしっかり見える化して取り組むということを思い出させてくれました。特に、上記に書いたような問題、つまり、話が噛み合わなかったり、論点思考ができないと少しでも感じる方は絶対に読んだほうがいい1冊だと思います。

論点思考の書評まとめ

ここまで書いてきたように論点思考は問題解決や、論点思考がまだ足りていないと思う方におすすめの本です。何よりも、あのプロセスをしっかりと言語化してしっかり書籍化している内田先生の実力が素晴らしい限りですね。

ビジネススキルの中で、色々なスキルがあります。プレゼンスキル、一般化スキル、コミュニケーションスキルなどなど。ですが、コンサルの方々のスキルで言語化のスキルはえげつないほど強いので学ぶべきポイントが本当に多いですね。

日々精進です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です