留学中の英語勉強はどうやる?【アウトプットの場を増やそう!海の向こうではこう学べ!】

怠け者ブロガーのタケトラです。

最近はこのブログを読んでいただけるようになってきました。ありがたいことです。

自分も社会人ということで、社会人向けに書いてきたこのブログですが、アクセスのほぼ80%以上がアメリカからのアクセスということでびっくりしています。

タケトラ

おそらく留学中の社会人や、学生さんが英語の勉強方法を調べてこのブログに行き着いとるんやろな。参考になったら嬉しい限りやで

なのでこれからは留学中の学生さんや留学を考えている学生さん向けにも書いていこうと思います。

今回はすでに留学をしている方のための英語勉強方法についてです。特にアメリカなどのネイティブの国に留学している人はグループレッスンがメインとなっています。そのため、思ったより伸びていない人のほうが多いようです。そういった方向けに留学中どうやれば英語が伸びるかをタケトラ視点で書いていきたいと思います。

タケトラ

本来文法とかボキャブラリーとか勉強してから留学してほしいというのが本心や!けど勉強せずに出てしまった人向けにも書いていくで!

留学中でも基礎は大事!【一番最初にやるべきはやっぱり文法!】

今留学中の方で、まだ文法が弱い方は絶対に文法からやり直したほうが良いと言えます。というののも文法は基礎になるので、やはり重要。特に伸びづらい人の殆どが、文法が弱い人です。

さらに海外にすでに出てしまっているため、ここにいるからにはもっとこっちに来た感じの勉強をしよう、もっと喋る練習を!と考えている人がほとんどです。もちろん喋る練習と考えている人は良いのですが、もし文法が全然だめなら1週間犠牲にしてでも文法に集中しましょう。

タケトラ

ここでいう文法っ中のは中学1〜3年レベルでええで。

MEMO
文法を学んでいてあまりうまくいっていない人って考えすぎている人です。日本語だとこうなのになんで英語だとこうなるの?と考えてしまう人。けど、違う言語なのでこうゆうもんだ!と割り切って進めるようにしましょう。理解しきれなかったところは、勉強を進めて行くと自然と理解できるようになります。うまくいっていない人はイメージとしては深く理解するよりカバー率を阿賀エルイメージでどんどん進めましょう。

間違った勉強方法!?【効率を上げるために文法は日本語で】

特に伸びていない人の傾向として、英語がぜんぜんできていないのに英語で文法を学ぼうとする人。

ある程度英語ができてきた後に英語で文法をやり直すと以前理解できなかった部分が急に頭に入ってくることはあります。しかしほぼ0であれば、10才以下の子供でもない限りそう簡単にはいきません。

そのため、日本語で文法をやり直しましょう。

タケトラ

無理しても伸びんで!負荷をかけるなら効率も良くて上達にも繋がる負荷をかけてや!

英語は使うと覚える!?【生きた英会話の学び方】

留学中は英語を使える環境にいます。そのため、英語を極力使うようにしましょう。

英語を体に定着させる方法の一つとして無理でも使ってみることです。英語を覚えるのは一度使う、つまり生きた英語を体験すると覚えられるようになります。

タケトラ

やっぱり経験として強く印象に残るから体に馴染むんかもしれんなぁ〜。

タケトラの体感になりますが、横に誰かが立っていてこう言って!と言われたことをリピートして使うよりも、自分1人で喋ったときのほうが圧倒的に身になります。なので、使うと一言で言っていても、状況によって効率は変わりますので極力自分を追い込む状態で使いましょう。

英語は使ってなんぼ【学んだら次の日のアウトプットで定着させよ】

しかし、英語が使えないという人向けにもう少し書いていきたいと思います。

まず方法は2つ。明日の予定でどっかのバーガーショップに行く予定の場合はバーガーショップで使うだろう注文する際の英語を学びましょう。そして必ず前日学んだことをバーガーショップで使うのです。そうすればほぼ体に残ります。

もしくは、もう1つの方法として授業で習ったことを無理してでも使うこと。例えば、授業でスーパーに行って珈琲はどこですか?などど聞いて、棚の場所を聞く授業を受けたら次の日にスーパーに行くことです。道の説明の方法を学んだら自分の好きなショップの説明を友人にしてください。

アウトプットの場は考えればすぐに出てきますが、日常の中で昨日学んだことを今日話す場はないこともあります。しかし、学んだことを活かす場は自分で作ってでもアウトプットをしましょう。同じ日本人でスピーキングが伸びている人はアウトプットの場があることが差になっています。とにかく喋る。ないのであれば作る。これだけです。

酒の力を借りよう!【酔って気持ちを大きくしよう】

もしお酒が飲める年齢の人で、かつお酒が体に合う人であれば1番に頼るべきはお酒です。お酒を飲むと気持ちも大きくなりますし、また周りを気にしなくなるため、英語を喋りやすくなります。

ちゃんとお伝えすると英語の文法や発音をあまり気にしないで喋るということですね。

そのため、昼は勉強をし、夜はアウトプットでBarに行ったり一緒の宿の人達と飲んだりするのも1つの手です。弱点としてはお金がかかってしまうという点ですが、それ以外に関してはほぼ満点に近い方法だと考えています。

酒が無理なら趣味で突破

お酒の話を出すと、お酒飲めない人は?という話があります。そういった場合には絶対にこれ!とおすすめできるのが、趣味です。

何か同じ趣味の人を見つけると話が盛り上がりますし、無理してでも話したくなってしまうもの。そのため、お酒が苦手な人は自分と同じ趣味を持つ人、特に極力その趣味に対しての熱量が高い人を探すことが重要です。

他の人の記事を読んだ際にゲームが好きで一緒にゲームしながら仲良くなったという話も書かれてました。ゲームも侮れませんね(笑)

海外で使えるアプリで学ぶ【無料期間あり】

最後になりましたが、英会話であればリクルートが作ったサービスのスタディサプリもオススメです。

文法も感覚的に学べて、英会話コースだとつき980円〜というコスパ。下手な参考書買うよりはこのサービス3ヶ月しっかりやったほうが伸びます。

最初の7日間は無料ですし、無料期間で納得行かなければすぐに解約すればOK!海外でも使えるアプリというのが最高です。試したい方は、ココから飛んで、無料お試しを!

もう少し内容が知りたい方は下のリンクから機能を見てみてください↓↓

社会人の英語勉強はスタディサプリがオススメ!【元外資の海外勤務がレビュー】

アウトプットは忘れずに

画像は関係ないものとなっております。可愛かったため使いました(笑)

スタディサプリでも参考書でもどちらでもOKです。ですが、どちらにせよ必ず前日学んだことを次の日アウトプットとして出すことは忘れないようにしましょう。

留学中ということであれば更にそれを必死に行うべきです。特にアジア人で白人文化の国に行くと辛いことのほうが多いはず。ですが気にせずガンガン攻めましょう!

タケトラ

タケトラも辛いことはあったけどオーストラリアではめっちゃおばさんから人気やったわ(笑)ガンガン話すかける、ミスを恐れない、がポイントやったな!気持ちが伝われば英語下手くそでも聞いてくれる人は多いハズや!

タケトラオススメの文法教材も紹介しています。詳しくはこちらから↓↓

英語初心者向けのわかりやすい本、教材おすすめ11選【元外資で海外勤務ありの僕が厳選】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です