TOEICのリーディングを伸ばす要素は3つ!【語彙数×イディオム×練習だけ行えばリーディングは怖くない】

怠け者ブロガーのタケトラです。

以前、TOEICの平均スコアに関しての記事を書きました。

TOEICの平均スコアは?【何点取れば転職に有利かを元人事の責任者が解説!】

そこで気になった点が1つありました。リスニングよりリーディングのほうがみんな苦手であるということです。

第237回(2019年1月)の平均スコアは以下のようになっています。
(参照元:https://www.iibc-global.org/toeic/official_data/lr/data_avelist/237.html#anchor01)

見てみると70点ほど差があるという結果になっていますね。そこで今回はリーディングの伸ばし方をお伝えしていきます。

タケトラ

英語をやるならリーディングはTOEICのためだけでなく、Newsを読んだり、本を読んだりと色々な場面で必要やからな!それについて書いていくで

基本的に方法は3つです。詳しく書いていきます。

注意
最低限の文法、中学1〜3年レベルまである程度頭に入っているものとします。。

【リーディングの壁1】ボキャブラリー(語彙数)

まず最初にリーディングで重要なのはボキャブラリーです。むしろボキャブラリーを知っていればたいてい読めます。

リーディングが苦手 = ボキャブラリーが無い

この関係に関してはほぼ間違いなと言えます。もしボキャブラリーがあれば、少しわからないところがあっても大体わかったり、つなぎ合わせると意味が見えてきたりするものです。なので、もしリーディングが苦手という人は単語を学びましょう。

ボキャブラリー(語彙)の重要性はどの言語でも共通する

このボキャブラリーに関しては英語だけでなくどの言語にも言えることです。

言語レベル = ボキャブラリーの数

と言っても過言ではありません。というのも言語は単語の組み合わせでできています。そのため、単語(ボキャブラリー)を知っていないとその言語に結びつかないわけですね。もちろんその後話せる、聞けるとなりますが。

なので、リーディングのために必要な知識として語彙数を増やすことが一番先決です。

タケトラ

ちなみにタケトラは英語とあともう一言語勉強中や!その言語でもやはり重要なのは単語ってかんじやな!文法を覚えたら単語を穴埋め式で入れていく感覚に近いな!

【リーディングの壁2】イディオム

単語を覚え、語彙数が増えた後でもたまにわからなくなるのが英語です。なぜか?日本語と同じように熟語というものがあるからです。この熟語のことをイディオムともいいます。

タケトラ

このイディオムが厄介なんや!けど覚えると表現力が増えるで!

イディオムって何?

それではイディオムとは何か?具体的にお伝えしていきます。

イディオムとは二つ以上の単語がつながって別の意味になることです。簡単な例からいうと

TakeとOutを一緒にしてTake out (持ち帰り)

などです。日本でもよく使われますね。持ち帰り以外の意味でも”連れ出す””取り出す”と言った意味もあります。

MEMO
持ち帰りという意味であればイギリス英語だとTake awayを使います。行く国によって少しずつ変わりますので気をつけてください

しかしこれは簡単な例。ややこしい例だと

Piece of cake (楽勝さや朝飯前さ等の場面で使う)
Working like a dog(忙しく働くや奴隷のように働く等)

などもあります。そのため単語だけで捉えずに、イディオムとしてしっかり覚えておく必要があります。

イディオムって実際に使うの?

先程の例文を見た際に、イディオムって実際に使うの?もしくはTOEICに出るの?と疑問に思った人がいると思います。

こちらにお答えすると

タケトラ

実際に使うしTOEICにもめっちゃ出るで!

って感じです。勉強しているときは疑問に思うようなイディオムも結構使います。Work like a dogなんて使うかー?Work hardでええやん!とか思ってましたが、日本人ってWorking like a dogだよね?とかめっちゃ言われますし言ってます(笑)そのため、イディオムを軽視せずちゃんと勉強しましょう。

【リーディングの壁3】練習として多読せよ!

語彙数も増えてイディオムも覚えたら、最後はこれだけです。

リーディングを伸ばすためには多読で練習

これだけです。ここからは自分が伸ばしたい分野に特化して多読するべきだと思います。例えば

  • 海外のニュースをいち早く手に入れる → 英語でニュース読む
  • 趣味で本を読みたい人        → レベルに合わせて本を読む
  • TOEICのリーディングを伸ばしたい  → TOEICのリーディングを読みまくる解きまくる

タケトラ

自分の目的に合わせて読んでいくことが重要や!

TOEICこそ練習あるのみ

TOEICの為の勉強をしているから、問題集などでTOEICを解く必要はないんじゃないか?テストと問題集は違うのではないか?

TOEICトラ

と思っている人も多いはずです。結構この手の質問が多いのでお答えしておくと、

タケトラ

TOEICこそ練習が必要や!そのため、問題集解きまくって慣れとけや!

と思っています。よく社会人になると

知っているとできるは違う。知識とスキルの違いや!

社会人のおっさん

と言われます。それと一緒です。TOEICも知っているから解けるに変化させておく必要があります。スポーツと同じように練習しておくことが必要です。実際にTOEICのリーディングは時間がないことによって解けない人もいるくらいなので、スピードも必要になります。そのため、絶対に練習はしましょう。

タケトラ

社会人になったらプレゼンテーションも練習させられるやろ?英語も同じようなもんや。これを軽視している人が多いねん。それやからあと一歩が伸び悩むっちゅうことを頭にいれておいてな!

TOEICの問題集解きまくる際にはこちらのアプリもおすすめです↓↓

TOEICの問題集は買うな!【スタディサプリでTOEIC対策をしよう!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です