英語の勉強がつまらない?モチベーションに頼らず英語を学ぶ方法

怠け者ブロガーのタケトラです。

これまで英語に重要なキーポイントの一つとして”続けること”が重要といった内容の記事をいくつか書いてきたと思います。英語を学ぶ上で続けることで英語の伸びに繋がりますね。もちろん皆さんわかっていると思いますが…

しかしながらその続けることは意外に難しいことです。続けること=モチベーションでもありますからね。以前、英会話の学び方の記事を書いた際に、モチベーションに関して書いたので、そちらも目を通してみてください。

社会人のための英会話勉強法【TOEICや英検、資格勉強との違いも解説!】

他にも、英語を続けられるように、目標設定などの記事も多く書いてきました。そういった記事を簡単にまとめると

  • 英語学習は無理をしないで楽しむこと
  • 成長を感じながら学ぶこと
  • 目標を決めること

などでした。しかしそういったことをクリアにしながら英語学習をしてもうまくいかない人もいると思います。そんな人向けにモチベーションを上げる、とかよりも勉強の仕組み自体を変えて学ぶ方法の提案について書いていきたいと思います。簡単にまとめると

英語学習が必須じゃないけどやっている人          →  楽しみに寄せる
モチベーションなんて言ってられない!英語学習が必須な人  →  勉強できる仕組みを作ろう!

といった感じです。それではスタートです

タケトラ

タケトラは英語学習が苦手やったからお酒飲みながらノミニケーションで一気に伸ばしたで!お酒好きで、おしゃべり好きやからな!文法無茶苦茶やってんけど、その時期があったからこそ300社相手にひるまず英語で営業できたとも思っとるで〜。まあどっかで文法のやり直しも必要やけど、スタートの方法は人それぞれっちゅうことやな!

【趣味×英語で学べ!】自然とモチベーション繋がる!勉強方法を趣味に寄せよう

モチベーションがどうしても上がらないという人は、モチベーションに英語を近づけたほうが良いでしょう。

それはどういった意味か?モチベーションを上げる、というのはそもそも英語を勉強したい!と思っていないけど、どうにか英語を勉強するために何かの理由をつけてモチベーションをコントロールしている状態です。しかしそれでコントロールできないのであれば、英語学習をもともとモチベーションが高いなにか、例えば趣味に近づけながら学べば良いのです。

それは何でもOKです。今はインターネットがあるので簡単に趣味と英語を掛け合わせることができます。例えばYoutubeなどで

料理が好き  →  英語で料理の作り方を紹介しているYoutubeを見る
旅行が好き  →  英語で旅動画をアップしているYoutubeを見る

などです。他にもお金をかけていいのであれば、他にも楽しみながら学ぶ方法はあります。

漫画が好き   →  英語に訳された漫画を買う
ドラマが好き  →  HuluやAmazonプライムなどで好きなドラマを英語字幕で見る

などがあります。

タケトラ

ちなみにタケトラは一時期名探偵コナンの漫画を英語で読んどったで!漫画の場合だと日本語Verの漫画と読み合わせることによって簡単に表現をチェックできるし、楽しく読めるからほんま楽しく学べたで!
ドラマを見て学ぶってのもやっとったけど、コツは何度も同じドラマを見ることやな!

【30日間の無料体験あり】Amazonプライムビデオはこちらから!

英語学習が趣味な人向け!

ちなみにこの英語勉強方法ですが、どちらかというと英語学習が必須ではない方。もしくは趣味で英語を学んでいる方向けになっています。

そもそも英語が必須でモチベーションなんて言ってられない!英語を勉強しないと!

英語必須の社会人

といった人は、趣味から入って〜、数年計画で英語学ぼう!なんて言ってられないですよね。

もし趣味で学んでいる方であれば特に勉強はじめは無理をせず楽しいを感じるために趣味に寄せながら勉強しましょう。

【ルール×仕組みで学ぶ】モチベーションなんて関係ない!仕組みを変えて続ける学習

英語を学んでいる人の中には趣味に寄せながら勉強なんて言ってられない人もいると思います。

先程も居たように、

そもそも英語が必須でモチベーションなんて言ってられない!英語を勉強しないと!

英語必須の社会人

と言った方には勉強の仕組み自体を変えて学ぶ方法をおすすめします。

一番オススメな方法としては朝30分勉強する方法です。理由としては夜勉強しようとすると、今日は仕事がハードで疲れてるから〜、今日は洗濯物があるから〜、など何でも理由をつけて勉強を”明日にしよう”とする気持ちが動きます。そういった言い訳を作らないためにも朝勉強するというルールにしましょう。

勉強方法としてはちゃんとできるのであればどんな方法でもOKです。例えば

  • 朝30分早く出勤して、同僚が来るまでの30分間勉強する
  • 朝30分コーヒー屋に行き、30分は勉強する
  • 朝30分早く起きて、自分ルールと一緒にすぐに勉強する

などです。

タケトラのオススメは朝30分早く起きて、すぐに勉強する。やな!特に社会人に見受けられるんやけど、30分早く会社に行っても、仕事始めてしまったり、同僚も早く来たら流れで仕事してしまいがちや!コーヒー屋もええんやけど、コーヒー屋の環境によって集中できないこともあるしな!どれでもええけどちゃんとできる勉強方法にしてや!

オススメは朝30分早く起きて勉強する方法ですが、その上で注意点があります。自分ルール作り+寝る前にすぐに勉強できる環境を作る、ということです。

自分ルールとは、〇〇後にすぐに勉強をスタートするなどのルールです。そういったルールがないと、朝も勉強をしません。例えば、起きてすぐに勉強する、朝顔を洗ったらすぐに勉強に移るなどです。

そして環境づくりとはPCやアプリを使って学ぶ人はPCを開いておいて、起動さえしたらすぐに使えるようにする。教科書とノートを使う方は学ぶページを開いてペンも準備しておくことです。ここまでやって仕組みができたと言えます。

タケトラ

わざわざなんでそこまで準備するんや?と思った人も多いと思う。けどなぜここまで行うかと言うと、”勉強しよう”という意思決定を減らすためや!あのアップルで有名なスティーブ・ジョブズやFacebookのザッカーバーグは意思決定を減らすためにいつも同じ服を着とるんや!それは意思決定という大事な力を服を選ぶということに使って消費しないためなんやで!

同じ理論を英語学習でも活かしましょう。いつでも学習ができる状態と、これから準備もしないといけないという状態は意思決定に英語学習+準備も含まれてしまって、なかなか踏み切れません。

タケトラ

これは忙しい社会人こそ行うべきや!前日に1分投資して準備すれば毎日30分勉強できるからな!
ちなみにこの勉強方法は3冊の本から学んだで!気になる人は軽めに目を通してみてや!

朝の30分を使って学ぶ     →  1日30分を続けなさい、朝30分を続けなさい より
準備をして意思決定を減らす  →  自分を操る超集中力 より

英語を学ばないといけない社会人向け!

先程紹介した方法は、趣味で英語を学びたいという人より、本当に英語学習が必須な方向けです。もちろんルール×仕組みですべてをカバーできるわけではありません。

なのでルール×仕組みを行うと同時に、もう一度”なぜ英語を学んでいるか?”

例えば

  • 転職やキャリアアップのため!
  • 海外駐在したい!

など色々と理由があると思います。その理由を思い出しながらルール×仕組みで英語を学ぶようにしましょう。

タケトラ

ルール×仕組みは圧倒的に英語に手を付けるきっかけを作るで!実際タケトラも朝に英語勉強しとったしな!けどそれだけやったら全て解決できへんから、なんで学んでいるかを都度思い出してやぁ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です