TOEICの問題集は買うな!【スタディサプリでTOEIC対策をしよう!】

怠け者ブロガーのタケトラです。今回は…

TOEICを受ける予定だけど、TOEICの前に何をやっておけばいいの?おすすめの問題集とかあったら教えてほしい!

英語初心者ハムスター

そんな疑問にお答えします。そのため、今回の記事は以下の方におすすめです。

  • TOEICを受ける予定の方
  • TOEICの問題集を考えている方
  • TOIECで高得点を取りたい方

などです。ちなみにタケトラも海外で英語を使って営業の場で交渉したり、マネジメント等を行っていてビジネスレベルの英語力を持っています。こちらのレベルに達するまでにTOEICの勉強を通して基礎をつけ、実践でアウトプットして身につけたました。効率的な勉強方法でかつ実用できる英語に転換できたため、勉強方法は間違っていないと思っています。

特にTOEICなどの資格で高得点を取りたい方、これまで勉強したものだけでは高得点を取れない可能性もあります。これからTOEICを受ける方はぜひ、参考にしてみてください。

それでは本題に入っていきたいと思います。皆さんTOEICのテストに向けてどういった勉強をしていますか?

TOEICの為の勉強と言っても文法、単語、そしてリスニングなどなど色々やられていると思います。ですがこれからTOEICを受ける方が文法、単語、そしてリスニングをしっかりやられていても、TOEICで高得点を取れない可能性があります。なぜなら

TOEICの本番の雰囲気や、時間に慣れていない

TOEICの問題に慣れていない

などの理由です。英語以外の試験でも同じことが言えますし、更に言うと就職、転職活動の一環の面接や、スポーツも一緒だと思います。慣れていないがために本来の実力を出せない、環境が違うためう集中力が続かなかった、等の理由で思ったようにうまくいかないこともあります。

タケトラ

テスト本番の雰囲気って、独特なもんがあるからなぁ!

それでは、そういった方はどういった勉強、対策をすればTOEICで高得点を取れるかを説明していきたいと思います。すべて実際にタケトラが行ってきた英語を経験を通して伝えていきたいと思います。

TOEICの2ヶ月前からやるべきことは2つのみ!【この2つで一気にスコアアップ!】

TOEICで高得点を取りたい方向けに結論をお伝えしたいと思います。基本的に行うべきことは2つのみです。その2つとは…

  1. TOEICの問題集を解きまくる
  2. 本番と同じ環境で問題集を解く

この2つになります。ちなみに1と2は似ているようで別のものになっています。詳しく説明していきます。

【TOEIC対策その1】TOEICの問題集を解きまくる!

まず、ここでいうTOEICの問題集を解きまくるというのはその名の通り、TOEICの問題集を解きまくるだけです。理由としては、TOEICの問題になれることです。

TOEICのために基礎づくりとして文法をやり、単語を覚え、Readingのために長文を読み解き、Listeningのために耳にあとが付くまでイヤホンをつけてきたと思います。しかし、それはTOEICの問題になれる前の基礎作りと言えます。少し長くなりますが、例も踏まえて説明させてください。英語って言語なので、伝え方を工夫してもなかなか伝わらない事が多いので、今回は思い切ってサッカーで例えたいと思います。

ちなみに今回は、

サッカー上手くなるためにはTVでサッカーの試合見てるだけでうまくならないですよね?ボールを触らないといけないんです。それと一緒で問題集を…

みたいなありきたりなやつでは無いです。似てるのですが、もう少し上の視点からお伝えしたいと思います。(サッカー以外でも例えれますが今回はサッカーで)サッカーのレベルをTOEICのレベルとします。サッカーの大会での成績をTOEICの点数と例えます。

では、そのためにリフティングや、ドリブルやパスの練習をしたからといって本番でいい結果が出るとは限りません。リフティングの回数を英単語の覚えている量、ドリブルの速さはリーディングの速さ、パスを出せる範囲はリスニングの聞き取れるスキル、といったように、一つ一つの英語の勉強はあくまで、試合に望むための練習と一緒です。

サッカーでの例え
サッカー大会での順位 = TOEIC本番でのスコア
リフティング     = 英単語
ドリブル       = リーディング
パス         = リスニング

それでは実践問題集とは何でしょうか?それは実践的な練習です。一つ一つの問題集が、単体のドリブル練習やパスの練習ではなく、相手がいる状態での1対1の練習や、ディフェンスがいる中パスを通す練習になっているわけです。そのため実践問題集を解きまくるということは

実践問題集解きまくり = 実践的な練習しまくり

ということです。実践的な練習では、一人でドリブルやパスの練習をしたときとは全く違う相手のプレッシャーや、アタックが来ます。なので、より実践的な練習ができるのです。そのため、できる限りTOEIC本番に問題集を解きまくれば、自然と慣れてきます。スキマ時間を使ってできる限り多くのTOEIC問題に触れましょう。ここで重要なポイントは質より量で圧倒することです。

タケトラ

もちろんやけどちゃんと答え合わせや、復習はやっときや!やけど復習も5問を20分かけて復習するより、20問を20分で復習するような感じで量をこなすべきや!言語やからなんでこうなってるんやろって考えず、こうゆうもんや!と飲み込みや!英語ってそんなもんやで

ちなみにタケトラの周りでも多いのですが、違う言語に対してなんで?って理屈っぽくなるより、そうゆうもんだと飲み込んでいる感覚タイプのほうが英語は伸びます。特にスピーディーに伸びたい人はこの部分意識したほうがいいと思います。

【TOEIC対策その2】本番と同じ環境で問題集を解く!

次にTOEICの対策として上げられるのが”同じ環境で問題集を解く”です。先程の”TOEIC問題集解きまくる”はあくまで、スキマ時間を使ったりしてでも問題集を解きまくることを重視しますが、ここで言う”同じ環境で問題集を解く”はTOEICの試験と同じテスト内容を同じ時間で解くわけです。

それには理由があります。シンプルにお伝えすると、先程書いた”実践問題集解きまくり=実践的な練習しまくり”を同じ環境で行うことで

TOEICの実践問題集を同じ環境で解く = 練習試合にフルタイムで出場する(本番と一緒)

に進化させるだけです。そうすることで、ほぼ本番に近い環境になります。それは実践練習では気づかないような、2時間ぶっ続けで英語の文を見続けると頭がどれだけ疲れるか?(自分の体力)そもそも2時間英語に向き合えるか?(フルタイムで走り続けられる?)など多くの面で実践との違いを味わえます。

そのため、TOEICの問題を解きまくって練習するのはスキマ時間でもOKですが、同じ環境で本番になれるのは別途”2時間”時間を取って行ったほうが良いでしょう。できれば、TOEIC本番前に最低でも2回、できれば4回は行っておいたほうが良いと思います。

【TOEIC対策まとめ】問題はアプリで解きまくろう!本番環境を作るために問題集を買おう!

TOEIC本番前の対策はだいたいわかったと思います。具体的にどのように進めていくかについて書いていきたいと思います。方法としておすすめなのは、

  • 問題解きまくりたい → アプリで解きまくろう!
  • 本番環境を作りたい → 問題集を買おう!

です。問題集を量をこなす、つまり解きまくるためには効率的にササッと解けて、そのうえで、回答の確認や解説もすぐに確認できる方が良いです。その場合、一番オススメはやはりアプリが良いと言えるでしょう。おすすめのアプリはスタディサプリのTOEIC対策コースになります。

スタディサプリはあのリクルートが作ったTOEICに特化したサービスでパソコンからも携帯のアプリでも学べる非常に良いサービスです。簡単にまとめると以下のサービスです↓↓

  • 250点アップはじめ、スタディサプリを使った人が続々とスコアアップ!
  • 中学レベルの学び直しからハイスコア対策まで対応、スマホ・PCでTOEIC(R)対策すべてを完結できる!
  • TOEIC(R)満点を取り続ける人気講師、関正生講師の5分解説動画を140本も収録!
  • 本番に近い問題形式の「実戦問題集」は、PART1~PART7全てに対応し、毎月200問追加!
  • 【重要ポイント!】最短2分からのTOEIC対策ができ全ての機能が7日間無料!すぐ試したい方はこちらをクリック!
    (TOEIC対策コースをお申込み頂くと、日常英会話コースは無料で使い放題)

*詳しい内容を先に書いているので、気になる方はそのまま読み進めてください。

そして、本番環境を作りたい方はTOEICの公式問題集で自身で2時間の模擬試験を行うことをオススメします。ちなみに問題集を選ぶ際には、公式問題集を選ぶこと、そして、できる限り新しいものを選ぶことをオススメします。

というのも、公式問題集だと実際TOEIC L&Rの開発、制作をしているところが作っているため、問題の質が担保されるためです。さらにTOEICの問題も出題傾向というのがあり、毎年変わっていくものなので、最新の公式問題集を選んでおけば間違いありません。おすすめは以下です。(左からおすすめ順)

       

一番左の公式TOEIC Listening & Reading問題集4が最新版となっており、2018年10月発売となっています。次におすすめが同じ教材の問題集3(2017年12月発売)となっています。この2冊は、音声もダウンロードできるため、CDを読み込む必要がないので便利です。ダウンロードもスマホに直接できるため、パソコンを持っていない人でもOKです。(基本この2冊を行っておけば大丈夫だと思います。3冊目はストイックな方にはおすすめ*音声ダウンロード不可)

*問題集の画面をクリックすると、Amazonの詳細ページに飛べます

【お詫び】本番と同じ環境の為に問題集は買いましょう!
タイトルに問題集買うな!と書いてますが、最初のうちは買うのは止めましょう、という意味です!実際にスタディサプリなどを使って問題を解きまくって、自信がついてきたら、その際に公式問題集の購入を検討してください。

社会人のTOEIC対策ならスタディサプリTOEIC対策コースの実践問題集で!

続いて、オススメしていたスタディサプリのTOEIC対策コース、実践問題集について書いていきます。

TOEICを受ける前はこちらのTOEIC対策コース、そしてその中の実践問題集を解きまくりましょう。これから、社会人になぜおすすめなのか?そして、TOEICハイスコアへの近道は問題集を解きまくることだという点に関して同じ社会人のアラサーで、海外で英語を使いながらバンバン営業しているタケトラが理由付きで説明していきます。

タケトラ

ちなみにタケトラも実践問題使ってかなり慣れる事の重要性を感じてるで!

TOEICテスト前なら絶対に実践問題集

スタディサプリのTOEIC対策コースには4つのカテゴリがあります。4つのカテゴリは以下…

  1. パーフェクト講義
  2. 実践問題集
  3. TEPPAN英単語
  4. パーフェクト講義 英文法編

簡単に補足すると

パーフェクト講義      - TOEICとは何か?を動画で付きで解説
実践問題集                                - 今回解きまくるべき問題集
TEPPAN英単語                         - TOEICに頻出する英単語を効率よく学べる
パーフェクト講義 英文法編   - 今回解きまくるべき問題集2

となっています。こちらにある、4つの講義やコースですが時間がある方(例えば学生さん等)であればこちらの4つの講義やコースはすべて受けたほうが良いです。ですが、時間が無い方も多いと思います。社会人の方だと、残業もあってなかなか勉強時間を作るのは大変ですよね?時間がない方でも、できる限り多くの勉強をしましょう。

その上でTOEICのテスト前だと実践問題を解きまくったほうがTOEICのスコアに繋がります。先程も書いたように、TOEICの問題に慣れたほうが圧倒的にスコアアップに繋がります。

タケトラ

タケトラが聞いた話だと、実践問題無しでTOEIC高得点って人は、海外に住んでいたって人がほとんどなぁ

【社会人におすすめ!】スキマ時間を活かせて、場所を選ばないアプリで問題集を解きまくれ!

そして何よりこちらのスタディサプリがおすすめな理由は、アプリで実践問題を勉強できるからです。というのも

  • パソコンでもアプリでも学べるため、場所を選ばない!
  • 問題集を一括ダウンロードしておけるため、ネットが悪いところでも大丈夫!
  • 最短2〜3分で解けるから忙しくてもスキマ時間で解ける!

となっています。実際に使ってみた感想ですが、家にいる際にはパソコンを利用したほうが使いやすいイメージです。しかし、寝る前に寝転びながらも使えたり、少しの昼休みの空きを利用して学んだり、出張の際の飛行機などネット無いところで活躍したのがモバイルアプリでした。

先程も書いたように忙しい社会人向けに考え抜かれたシステムで、問題集を一括ダウンロードできるため、ネットが悪いとこでもすぐに起動、すぐに勉強できます。

タケトラ

社会人の英語学習のコツはスキマ時間の活用で決まるで!

いつから問題集を解き始めるべき?おすすめのタイミングはTOEICの2ヶ月前〜最低でも1ヶ月!

そして実践問題集解きまくるタイミングに関しても追記しておきます。まずできることなら常にやってほしいというのが本心です。しかしながらそう簡単に時間が取れるとも限らないですよね?そんな方は、できればTOEICの試験2ヶ月前には実践問題集をスタートしましょう。

基本的には2ヶ月前までは、基礎となる英文法(中学レベル)→英単語を覚える(ボキャブラリーを増やす)→リーディングやリスニングを行って、その後実践問題集を解き、仕上げに最低2回〜4回は模擬試験を自身で行いましょう。もともとの点数にもよりますが、ちゃんと勉強していたらTOEICの点数は150〜250点くらいは上がると思います。

スタディサプリについて
スタディサプリのTOEIC対策コースだと、基礎となる最低限の英文法さえ抑えていたら、その後のボキャブラリーを増やすことや、リーディング、更にリスニングまですべてワンストップでできます。

【問題集は質と量】実践に慣れる為に質を担保し量をこなせ!

ここまでで実践に慣れるということがどう大事かわかったと思います。そして、解きまくる際に最後に重要な量と質の話をします。

先程質より量といった内容のことを書きましたが、先程の質は1つの問題にかける時間を表していました。ここで言う質は解く問題の質です。結局問題の量をこなしていても問題の質が悪い、つまりTOEICの問題とかけ離れていたら意味がないですからね。このブログ以外を参考にしても良いので、解きまくる場合には量と質の両方にこだわりましょう。そこが担保されていたらスタディサプリ以外の参考書でも構わないと思っています。

スタディサプリの実践問題集、質と量はどうなってるの?

質は?
量は?

スタディサプリの質と量はかなり良いと言えます。むしろスタディサプリの実践問題集の量に関しては良い意味で問題があると思っています(笑)それは”とにかく量が多い”です。どれくらい多いかというと実践問題集がVo.1〜10まであり、その次に実践問題集Nextという問題集もVo.1〜9と19レッスンもあります。

それぞれのレッスンに200問の設問があるため、200問×19レッスン=3,800問の問題があるということです。もう一度言います。3,800問の実践問題集があります

タケトラ

多すぎやろ!!(笑)けどこれを使い倒すことができれば、TOEICハイスコアも夢やないでぇ〜

じゃあ量が充分あるのはわかったけど、質はどうなの?という点に関して、使ったタケトラの感想は質も良いです。まず、問題のないように関してはPart1〜7までそれぞれ分かれていて、かつ質も問題のないものになっています。

(このように、Part1ではリスニングがの選択問題が)

さらには、よく間違うポイントに関しては動画での説明なども入っているので、最高の学習コンテンツになっています。またスタディサプリの日常会話コースの記事で書いたのですが、リスニング用の音源の速度で”速い”を選ぶとネイティブレベルの速さで、TOEICとほぼ変わらない音源になるので、より実践的です。

タケトラ

気合論じゃなく、TOEICハイスコアへの道は実践問題の質と量ってことやな!
注意
大前提として文法や英単語を疎かにしないということを忘れずに

【重要】TOEICで失敗しないための3つのルール!変に考えたり、効率ばかり考えるよりは手を動かそう

最後になりますが、TOEICを学ぶ際に失敗しない為の3つのルールをお伝えします。これはタケトラの経験からもですし、周りの経験も含めてある程度母数が集まっている為、ほぼ間違いないと思います。

  1. 考えすぎて行動に移さない
  2. 考えすぎてモチベーションが落ちる
  3. 考えすぎて挫折する

この3つです。そう、全て考えすぎてから始まりますね。良く偉い人が「うまくいく人はある程度馬鹿じゃないと…」と言っているのを聴いたことがありませんか?それと一緒です。軽く補足すると

1. 考えすぎて行動に移さない

英語やTOEIC、そしてビジネスでも考えすぎて行動に移さない人がいますが、これが一番失敗パターンです。特に効率化ばかり調べて勉強しないが一番ダメです。タケトラのブログでも他のブログでもOK!スタディサプリでも、他の質と量を担保している教材でもOK!まずは手を動かして勉強しましょう。

2. 考えすぎてモチベーションが下がる

次に考えすぎてモチベーションが下がるタイプの人もいます。ちゃんと手を動かしているのに、なかなか解けない、伸びないと思い始めるとモチベーションは下がります。しかし、質も量も担保されている(かつ他の人が結果を出している)方法でちゃんと勉強していれば、絶対に伸びます。そもそも語学学習って目に見えづらいものです。絶対に伸びますし伸びてます。ほんとに伸びてなかったら勉強が足りてない、若しくは”考えすぎてる”に時間にを取られてるかも知れません。まずは、200問、もしくは1教材でもやりきってから悩みましょう。

3. 考えすぎて挫折する

最後に、考えすぎて挫折するです。これはモチベーション下がるよりひどい状態。特にこれやったあと伸びるのかな?と勝手に未来予測しちゃうタイプです。ただ一つ言うと英語を勉強しているほぼみんなこのプロセス通ってるので大丈夫です。「これやったあと伸びるのかな?」と考える暇があったら手を動かしましょう。自分を信じましょう。それができないなら英語の勉強止めましょう。TOEICのハイスコアは諦めましょう

【まとめ】TOEICで失敗しない方法

平成生まれのタケトラは仕事も英語も気合論が大嫌いです。昭和のおっさんたちの”無駄な”長時間労働とかくそくらえと思っています。

しかし、英語学習もビジネスもどちらに関しても正しい方法で、正しい方向に向かっていれば、あとは気合論です。どれだけ正しく勉強できたかがものを言います。一番たいへんなのは机に向かう前、アプリを起動させる前ですね。その際には、無心になって最初の一歩を踏み出しせばOKです。

勉強方法はいくらでもあるので、どれでもOKです。しっかり心を強く持ち、とりあえず手を動かしましょう!

タケトラ

説教入ったけど勘弁してやぁ〜。大事なことだから言わせてもらったでぇ〜

【無料で問題集を試せる!】スタディサプリのTOEIC対策コースはこちら!

ここまでで興味を持った方がいらしたら是非使ってみましょう。とはいえ、TOEIC対策コースは月額3,000円近くするので、一度7日間無料のお試しでいいと思います。7日間無料体験でき、実践問題集だけじゃなく、パーフェクト講義やTEPPAN英単語など、すべてのレッスンを無料で受けれます。

7日以内に退会すればお金はかかりません。もし良いと思ったら続けたらOKです。

  • 250点アップはじめ、スタディサプリを使った人が続々とスコアアップ!
  • 中学レベルの学び直しからハイスコア対策まで対応、スマホ・PCでTOEIC(R)対策すべてを完結できる!
  • TOEIC(R)満点を取り続ける人気講師、関正生講師の5分解説動画を140本も収録!
  • 本番に近い問題形式の「実戦問題集」は、PART1~PART7全てに対応し、毎月200問追加!
  • 【重要ポイント!】最短2分からのTOEIC対策ができ全ての機能が7日間無料!すぐ試したい方はこちらをクリック!
    (TOEIC対策コースをお申込み頂くと、日常英会話コースは無料で使い放題)

こちらはTOEICに特化したTOEIC対策コースです。もし、基礎を固めたい、日常英会話を学びたいと言う方は、日常英会話コースのほうがお得です。

【こちらも無料お試しあり】スタディサプリの日常英会話コースはこちら!

まずは基礎を、という方であれば英会話コースからで良いと思います。むしろ最初はこっちのほうが実際に有料でもコスパも良いため、初級から中級者であれば、むしろ日常英会話コースのほうがおすすめです。もし、日常英会話コースが気にある方はまとめ記事を作っているので、こちらから参考にしてみてください。

  • AppStore教育カテゴリランキング1位を獲得した優良英会話サービス!
  • 今の英語力も診断でき、かつ利用者の多くは3ヶ月以内の効果実感!
  • 月額980円で、1日33円からできる英会話サービスかつ、最短2分からできる英会話レッスンの為、忙しい人におすすめ!
  • 【重要ポイント!】有料サービスだけど、全ての機能が7日間無料でお試し可能!すぐにでも試したい人はこちらをクリック!

タケトラ

実際に無料期間から有料に移る際に見るべきポイントは、続けられるかどうかや!それをしっかり無料期間に見極めや!続けられるなら3,000円は安いもんやで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です